17

教育費は徐々に重くなる

最近は国が子育て支援に力を入れているのはありがたいことですが、おそらく多くの人が感じているのは、本当に子育てにお金がかかるようになるのは、高校そして大学にかけて必要となる教育費です。ところが、児童手当などは中学生までしか出ません。

それほどお金がかからないときに児童手当が出て、本当に必要になってくるときには打ち切られてしまうわけです。

このことは前もって想定できることなので、児童手当はなるべく使わないようにして、高校、大学進学のために少しずつ蓄えておくことが大切ではないかと思います。大学生で奨学金をもらっている割合は過半数を超え、社会人になったときから借金を抱えているというのはある意味悲惨です。ただ、目の前にお金があるとついつい使ってしまうもので、本当に誘惑ですね。

You may also like...