13

お金の無い世界

毎日あくせく働いて。税金に振り回され、コマーシャルに踊らされ、月末にでもなると諸々の支払いに慌てふためく。そしてそれを解決するためにまた働く。そしてそれは時としてストレスにもなる。考えてみるとずっとこんな生活を送ってきたように思うし、これからもこんな生活を送るのだと思う。そしてこれは大なり小なり誰でも一緒なんだろう。

そんな時にいつも考えてしまうのは「お金の無い世界」ってないものだろうかってことだ。お金という概念がない世界このとだ。お金というものにこれだけ振り回されて暮らすのなら、いっそお金の無い世界はできないものだろうか。

現実問題としてそれは無理なことなんだろう。たとえ原住民のような生活をしたとしても何人かの人間が集まり社会というものができた段階でそれは無理なことなのだ。

本当にお金の無い生活をしようと思ったら、どこか無人島にいって孤独に暮らすしかない。

果てして自分にそれができるのか?

たぶん無理だ。

だとしたら頑張って働こう。今の所それしかない…。

You may also like...