03

突然の出費でお金に困ったら金利の低い市役所で借りる

具体的に市役所でお金を借りる方法には、必要書類は何をすぐに用意すれば良いのでしょうか。

まず生活福祉資金制度は地域の制度になるので、住民票を用意します。

お金に困った時にも収入を証明できる書類になります。

そして、申請する制度の種類によって必要な書類が異なります。

市役所の窓口で相談してお金を借りる際に、住民票や所得証明書は一緒にとる方法ができます。

ではどのくらいの収入所得によって、金利や上限金額が決められるのでしょうか。

まず生活福祉資金貸付制度で市役所でお金を借りる際の金利は、連帯保証人がいる時といない状況によってことなります。

連帯保証人がいるケースでは、お金に困ったら無利子で借りることができ、いない時でも年1.5%でできます。

消費者金融は通常11%〜14%ぐらいの金利で設定されていますので、大幅に安い金利で借りることができるのです。

そして上限金額は、申請する制度によって異なってきます。

You may also like...