05

お金のかかる子連れのお祭り

暑くなってくると、そろそろお祭りの時期だなあと思えてゲンナリしてしまいます。

お祭りが嫌いなわけではありません。

楽しい夏の風物詩ですよね。

なのに、嫌になるのはお金が羽を広げて飛んでくからです。

ああいうのは、どうしても子供の目を引くようなものが多くて、しかも値段が高くつけられているからです。

キャラクターのお面なんて、その日しか使わないのに、と思うけど他の子が付けて楽しそうにしてるの見てる我が子の様子を目の当たりにしたら買ってやりたくなります。

キャラクターの絵なんてついてる綿菓子の袋は、それだけで500円はするけどせっかく来て買ってやらないのはなと思ってしまいます。

そうすると結局、一度お祭りに行っただけで子供のために何千円も使ってしまうのがキツイです。

せっかくだからと買ってやりたくなったり、射的や輪投げをさせてやりたくなる雰囲気が、祭にはあるのです。

お金の事だけ考えたら、オモチャコーナーよりも連れて行きたくない場所No. 1ですね。

You may also like...