09

浪費の末・・・

アラフォーの私は、20年間、アパレルの販売員をしていました。

自分の自由になるお金もそこそこあり、仕事柄、身なりにはかなり気を使っていました。

ショップの服を着用しなければならないので、社員販売価格で買えるとはいえ、毎月、¥30000以上の出費です。

さらに、その新しい服に合わせて、靴やバッグなども、シーズンごとに買い替えます。

そして、毎月かかるのが、美容院代やネイル、まつエク代・・・。

トータルすると、お給料の大半は、「こんなの仕事だから、仕方がない」と割り切って必然的に使ってしまっていたのです。

しかし、ふと気が付くと、

我が家には貯金がありません。

子供たちの教育資金は?

私たちの老後は?

そう考えると、不安しかありませんでした。

今からでも、遅くない!マネープランをしっかりと練りたいと思います。

You may also like...